新曲「Time's Traveler -2nd MIX-」

EURO POP / Time's Traveler -2nd MIX-


Musicboxで作った時の旅人のアレンジが原曲重視過ぎたので、もっと自分の色を出して作ってみた。
今作はサウンドフォントなので音源の幅も広い。

前作は全くユーロしていなかったので、勢いとシンセリフを意識してみた。
しかし、使った音源がそこまでユーロ向きじゃなかったので疑似ユーロ感が強い。
でも、アレンジという点では結構色々できたような気がする。

得意な作風の自作曲としては「ADVANCE」以来となる。
サウンドフォントを使い始めてから色々なジャンルを作曲してみたが、やっぱり作り慣れたジャンルが一番作りやすい。
今回は何となく作ってみただけなので、次回作の予定は特にない。
スポンサーサイト

掘り出し高難易度差分メドレー



新作メドレー動画。差分ロダにあった表入りしてない曲の発狂差分を取りあげるパターン。
幾千もの差分がupされたが、表入りしないで埋もれた差分の方が圧倒的に多い。
その中にはあまり見かけない曲の高難易度差分も沢山あるので、掘り出してみた。

古い方からだらだら拾ってみたら100曲は超えていた。
自分のHPを持っている所を除外すれば大分減ると思うけど、面倒なのでやめた。
逆にロダに上がってる曲の差分を全て取りあげるという案もあるが、やるにしても1曲だけでいいと思う。

動画で取りあげてる所も30秒程度だしノーツやトータルも表記してないので、動画だけみてこれは詐称だ逆詐称とかは思わない方が良い。
TM曲の差分を沢山作ってるRAY氏とかは終盤の回復地帯を沢山作っていて難所の地雷度が高いと思う。


最初期に上げた「印象的な譜面集」の差分編も見たいと言う声があったが、今では芸術的譜面の技術が向上して色々な譜面が出てきている。
そして、最近の差分は自分が把握しきれないのでしない。
というかその辺りのぶっ飛び譜面は癖譜面コレクションでまとめられているらしい。

人気の自作譜面考察みたいなの

差分を沢山作っていた頃はもはや昔、数はやたらと多いがどんな譜面のプレイ人数が多いのか見てみる。

一番人気は言うまでもなく第二発狂入りしている譜面達。
▼3 LOVE'S REBIRTHが600人近くで最多。表入り譜面は軒並みクリアレートがトップクラスに高い。
二番人気は縦連女王シリーズ。theme of Rendaシリーズも結構人気。
連打難易度表を利用している人が結構いるのかもしれない。でも自分はtheme of RendaはS乱用に作った。

そこから続くのはIやサンバランド、魔女達の舞踏会など。
IはNONSTOP差分より自作譜面の方が人数が多く、舞踏会はそもそも発狂譜面しかないのでそこそこ需要はあったと思う。
ちなみに、自作音源での最多曲は第一作のFirst Castle。30人近くで結構中途半端な人数。

全体的に見てみるとやはり通常難易度の差分の方が人気な気がする。
その中でも当たり前だが人気曲の7鍵移植や難易度補完が多い。
また、LABOやexperiment beatなど、発狂譜面しか見つかってない譜面の補完も積極的にやってきた。
通常難易度をメインプレイする層はそこまで差分導入に積極的でないと思ったが、そうでもなかった。

自分の差分は発狂プレイヤーより幅広い一般層への曲の宣伝がメインなので、マイナー所の掘り出しにも利用してもらいたいとも思っている。
発掘枠だと思う曲だとHypnosが20人弱で最多。まぁ10人もいれば十分だと思えるライン。
古い名曲を知ってもらう為にBM98 THE BESTの7鍵化計画も立てたが、全然できていない。

そこそこアレンジしている差分も多く、Christmas of Millenium 2012MIXは個人的に力作。
他に大きめのアレンジをしているのはYOU (RE-FINAL SRD EDIT)やLOVE'S REBIRTH "SRD mix"だが、YOUは原曲の1パートを丸ごと削ってるのが気がかり。
原曲はそこまで変えない尺伸ばし系だと、サンバランドやedge of the universeは良い感じにアクセントを加えられたと思う。


結局大して差分の考察はしてないが、また気が向けば曲変更差分の正式公開や新規差分を作っていきたいところ。

自作の曲変更差分を振り返る 2

先日に言ったとおりに曲変更差分振り返り。
前回以上の数を語るので、曲数はかなり多い。

続きを読む

自作曲変更差分について

最近ずっと放置していた曲変更差分を曲だけ完成させた。
そして相変わらず譜面がなくて正式に公開できる状態ではない。
ちなみに正式公開していない差分は12曲もあって、とても埋もれている。

以前に曲変更差分メドレーの時に動画用の譜面を1つだけ作った曲は結構多く、それ以降に作った差分が4つくらい。
放置しっぱなしでは勿体ないので、とりあえず単発動画の隔日にいずれ上げようかと思う。
自作音源やサウンドセットのBMSは特に上げる予定はない。

自作の曲変更差分やサウンドセットBMSはメドレー動画を上げた2015年がピークで、それ以降は自作音源が中心で今回差分を完成させたのは2年振り。
正式公開していない最古の差分は2014年末という大分昔のものである。

動画だけで放ったらかすのもアレなので、後日に語ってみようと思う。
2015年以前に公開済みの曲変更差分は既に記事にしているので、それ以降の全く公に出ていないのも含めた曲変更差分を取りあげてみる。

構想段階のBMS動画

去年11月末を最後にBMSメドレー動画を作っていない。
ネタがない訳でもないけど情報をまとめるのが時間掛かるので手が出ないことが多い。
一応やろうか考えてるメドレーを羅列。書き下ろしたらやる気が出るかもしれない。



クオリティの高い手描き系BGA
今時のような静止画を動かすのではなく手描きがメインのアニメBGAを集める(BMSAではない)。
該当する有名所はfether氏、kurena氏、fity氏などなど。
最近の手描き系BGAが分からないので停滞。

コピーBMS聞き比べ
黎明期からRe-3時代までは多かったコピー系BMS。
それを作者毎に集めて差を聞き比べる。アレンジ系もそのまま。
スクエアやエロゲーとかが多かったが、自分がそこまで興味がなくて進んでない。
やるとしたら鳥の詩かラスリグだと思う。

年代毎に振り返るBMSリメイク
ジャンル別メドレーだが、表記と成績に注目しすぎてあまり曲自体に一貫性がないのが気になった。
テクノは特に幅が広いからもっと分けるべきだったかもと思っている。

cranky最初期BMSメドレー
コピアレ時代のcranky氏のBMSを集めたメドレー。
現在は初期BMSを全て手に入れたので作ることは可能。
初期作繋がりでonoken氏のメドレーも作りたいが、そちらは全然集まってない。

LiZ vs OMTメドレー
BMS作家外の人も集めた豪華イベント。
パッケージもあるので作ることはできる。

BMS作家成長記
BMS作家は同じジャンルを再び作ることは珍しくないので、それを公開順にメドレーにしてみる。
syatten氏は長いこと一貫してトランスばかり作ってきたので、こういう動画もできそう。


思い浮かんだのはこのあたり。やりたくなったら動画を作るかも。

新曲「怪儀」

ETHNIC / 怪儀


以前レビューしたPatena氏の「kage」を聴いて作りたくなった曲。
オカルトっぽい音使いで無調音階といういつになく不安定。
和音も不協和音になるようにしたので、禍々しさが際立つ。
結構拍子感覚がズレやすく、ずっこけやすい所もある。

あまり深く考えないで作ったので、ここが決め手と言えるような点はない。
ただ、今までにない不気味な音を使えたのは良かったか。
でも多分この手の曲は作らないような気がする。

新曲「Empty wine glass」

jazz / Empty wine glass


前作「Tasteful drive」が渋い感じだったので、スウィング系のジャズでも作ろうかと思ってできた曲。
ここまでピアノが前面に出たのは初めてな気がする。
前作と同じように結構シンプルに決めてみた。

サビ辺りから何かしっくり来ない感じになったので、結構強引に締めたと思う。
いつもと違うようにやってみても、完成してから聞いてみるといつも通りに感じる。

今のところは、色んなジャンルを作ってみたい感じなので、また別のジャンルで何か作ると思う。
まだ次の方向性は決まってないが、少し禍々しいジャンルに挑戦してみたい。
「Suspicious ritual」よりも不安定な感じを想像している。

新作BMS「きらきら星 -play room mix-」

きらきら星 -play room mix-


4月に公開したサウンドフォントデビュー作をBMS化。
本当は他の曲と同時公開しようとしたけど、BGAが思い浮かばず断念。1月経って1曲だけ公開した。
静止画でも良かったけどなかなか良い案が出てこなかった。

まず言えることはとても軽い。2MB未満で歴代最軽量のBMSになった。
シンプルな曲だから音数も抑えられたのが大きい。
もともとはこれも動かしたかったけど、前作同様いつまで掛かるか分かったもんじゃないので万年保留。
もっと明るい絵にするつもりだったが、としてシンプルなものとなった。

譜面はとても簡単。アナザーでも☆8なので、中級者くらいまでが対象になるか。
でも演奏している気分になるのはこの辺りまでな気がする。
今もBMSSPがあったらこういう曲が収録されるのかもしれないなぁと考える。

年末に「BMSをいっぱい作る2018」があるけどワンチャンあるかって所。
でも期間までに出来たからと言って参加するかは分からない。

新曲「Tasteful drive」

Drum'n bass / Tasteful drive


近日の連続公開3曲目。今回はムンベに挑戦。
GUGSも慣れてきたので、再びFluidR3音源で作曲。
音ゲーに多いアートコア寄りではなくクールで渋い方向性を目指した。

あまり派手な音を使わずに管楽器は渋めのサックスを選択。
ドラム以外の楽器は5つだけで大分ストイックになっている。
その分ドラムは結構激しくしてみた。

トランス、ムンベと気になっていたジャンルへの試みも大体終わった。
まだあるとするとジャズやユーロビート辺りを思い浮かべるが、まだ未定。
ここでしばらく新曲公開は止まるのではないかと思っている。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR