過去ログで見た「LiZ vs OMT」

とあることを調べる為にいちごびびえすの過去ログを覗いていたんですが
LiZ vs OMTのログが結構長かったので、そこから色々と感想とか述べようかと。

LiZ vs OMTとは2003年に開催された音楽サークル同士で対決するBMSイベント。
今大会では他にも主催のSHIKI氏が集めた無所属連合(参加者は投稿するまで非公開)も含めた10人×3チームで競い合う。
1チーム1日1人ずつ順番に発表していき(順番は投稿してからのお楽しみ)、最終的に一番ポイントを稼いだチームが優勝となる。

無所属連合は当時の有名な作家を集めた豪華メンバーだった。
しかし、開催前にSHIKI氏が1人集められなかったらしく(苺情報だとIs-m氏らしい)、緊急公募をしていたとか。

長くなりそうなのでここからは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト

自動ニュース作成BMS(α)

大分早い段階からBMSの最先端は追ってないわけなんですが、たまに情報サイトとかを眺めることもあったり。
そして最近できたBMSニュースサイトの自動ニュース作成BMS(α)
自動ニュース作成Gというニュースサイトの影響を受けて建てたらしいので、いろいろとそっくりである。
自由に記事を作れるBe-Music Reportと同じようなシステムだが、こちらはコメントとかも投稿できるので軽い概要や追記・指摘ができるのが強み。

イベント開催記事の追記でパッケージのリンクや期間延長の知らせを書けるのはなかなか良いのではないかと。
レイアウトが90年代の掲示板っぽいのはインスパイア元がそんな感じだから当たり前だが、BMSは元ネタより文字が大きいのでより古臭く見える。

新参サイトであるのとBe-Music ReportはLR2IRと提携している関係でこちらはまだ知名度が低いが、現象しつつあるBMSニュースが増えるなり活気が戻るなりすることはいいことだと思う。

観察できるゲーム2

結局BGAはまた止まってます。
またやる気が出るのを待つ。


以前の話題の続き。新しく書こうかと思ったら被ってた。

観戦できるゲームで他にあるのはボードゲームや戦略SLGもある。
このタイプだと多人数の対戦を観れる方が楽しめる。
なので、囲碁・将棋・チェスよりはトランプのようなタイプの方が観ていて面白い。
以前に挙げたマリオパーティやいただきストリートもボードゲームに含まれる。

SLGは苦手なのであまり興味は惹かれないが、戦略SLGのCPUのみの攻防は素人でもなかなか楽しめる。
信長の野望 天翔記のCPUダービー動画がなかなか動きが多くて時間を潰せる。

最近知ったのが架空歴史観戦ゲーム「歴史隆々」。
その名の通り架空の戦乱の歴史を眺めるゲームである。デフォルトで6万ものシナリオがある。
1人だけ自分の設定した人物を投入できて、その人を中心に行く末を眺めるのもあり。

問題はバージョン毎に安定性とバランスがまちまちでこれが一番と言えるバージョンがないことと、有料版は送金後に解除キーのメールが来るシステムだけど現在ではメールが来る可能性が低いということ。
無料版は旧バージョンなので色々と有料版にしかない要素がある。
とは言え、有料版は送金しないと1年しかできないので大して歴史が動かない。

でも、無料版でも十分楽しむことはできるので確実にメールが来る状態になるまでは無料版を使う予定。


カルチョビットというサッカーSLGがあるが、そこまで育成に興味があるわけでもないので、歴史隆々のようにランダムで組まれたチームでリーグやトーナメントをやるだけでもいい。
勇者のくせになまいきだシリーズとかはなかなか良い感じ。魔王のへやで生態を眺めたりできる。
PSPo2やGEBでは、索敵放置させたり戦闘中に一人逃げたりしてCPUの戦闘を見てたりもしてた。
特にPSPo2はCPUが死んでも一定時間で復活するので、制限時間が無い限り放ったらかしにできる。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR