FC2ブログ

耳鼻科に行った

ブログの更新が遅いのは差分メドレーに時間を割いているから。
来週くらいには完走しそう。

先週辺りから左耳に水でも詰まったかのような違和感があったが、あまり気にしていなかった。
しかし、数日後の朝に症状が悪化してあまり聞こえなくなったので耳鼻科に行った。
症状を調べた限りだと突発性難聴の可能性があって不安だったが、耳垢が詰まっていただけだった。
だが、かなり詰まっていてバキュームでも取れないので、点耳薬を注して後日に取ることに。
二日後、ふやけた耳垢を取り出すと1.5cm近くあるかなり大きな垢が両耳から取れた。
何年詰まっていたのかは分からないが、おかげで耳がすっきりした。

それからは耳が通るようになったが、特に高音域が耳に入るようになった。
トイレで水を流したときとかは特に響いてうるさく感じるくらいには耳がよくなっている。
また、曲とかを聴いていても細かい部分も聞こえるようになり、より各音が独立して聞こえる気がする。
これによって今までと少し印象が変わる曲もでてくると思われる。
スポンサーサイト

一言BMSまとめ 14

【BeatriX / dj KLAVIA】
オケヒを派手に使ったコテコテレイヴ。
ピアノのバッキングが洒落た空気にさせている。
TiS氏はキャッチーな曲を作るのが上手い。

【踊り子,飛行機のプロペラ,海 / Lapis Lazul】
芸術作品をタイトルにした非常に前衛的な曲。
全ての音が適当に散りばめられたような配置をしている。
後半からは力尽きた感が多少ある。

【Forest in June / juno & une】
いつもより洒落っ気の増したジャジーロック。
盛り上がる所はあるが70秒程しかなく短い。
BGAは珍しく青が基調となっている。

【Valparaiso / EarBreaker / DJ Death】
派手なシンセと声ネタを活かしたテクノハウス。
音の作り込みが凄く、当時でも突出したクオリティである。

【prototype D.R.M / ATM】
ATM氏らしい冷たいシンセが光るブレイクビーツ。
ドラムはいつものように激しく暴れている。
ただ、いつもより暖かみのある調で印象も異なる。

【Psyの国さいたま / (σ゚∀゚)σ】
初代戦國にいくつかあったさいたまBMSの1つ。
不気味なサイケの中にシュールな声ネタが響く。
ちなみに中の人はHighnoiz氏。

【PARANOiA EViL / DJ Sapphire】
初期のPARANOiAアレンジBMSの代表格のようなガバ。
色んな音が激しくぶつかり合って騒がしい。
当時では判定の関係であまり見ないBPM200超えの曲でもある。

【英傑 / チェキッ男】
SUZUKI氏によるDDRのHEROのアカペラ。
妙にそれっぽい歌い方でシュール。
サビの時は隣に人がいる状態だったらしい。

【era(ravose MIX) / urara】
チープな音源で再現したシュールなera。
音源もチープだが音数も足りてない。
ちなみにstep mixはない。

【Jumper L.V.B / A/N】
レイヴ感のある第九のハードコアアレンジ。
声ネタも豊富で盛り上がる。

掘り出し高難易度差分メドレー



新作メドレー動画。差分ロダにあった表入りしてない曲の発狂差分を取りあげるパターン。
幾千もの差分がupされたが、表入りしないで埋もれた差分の方が圧倒的に多い。
その中にはあまり見かけない曲の高難易度差分も沢山あるので、掘り出してみた。

古い方からだらだら拾ってみたら100曲は超えていた。
自分のHPを持っている所を除外すれば大分減ると思うけど、面倒なのでやめた。
逆にロダに上がってる曲の差分を全て取りあげるという案もあるが、やるにしても1曲だけでいいと思う。

動画で取りあげてる所も30秒程度だしノーツやトータルも表記してないので、動画だけみてこれは詐称だ逆詐称とかは思わない方が良い。
TM曲の差分を沢山作ってるRAY氏とかは終盤の回復地帯を沢山作っていて難所の地雷度が高いと思う。


最初期に上げた「印象的な譜面集」の差分編も見たいと言う声があったが、今では芸術的譜面の技術が向上して色々な譜面が出てきている。
そして、最近の差分は自分が把握しきれないのでしない。
というかその辺りのぶっ飛び譜面は癖譜面コレクションでまとめられているらしい。

BM98 THE BESTのtwitter反応 4

最終章。ツイートもほとんどない曲ばかり並ぶ。

続きを読む

同人CD紹介「SENS / Link in Zillion and Masterpiece Records」

同人CD出してるBMS作家は沢山いるが、やはり昔の作家のCDの方が気になる。
古いBMSは容量の関係もあって制約が多く、MP3やCDだと大分違って聞こえるものは多い。

そんな所で、BMS作家達が集まったサークルの「Link in Zillion」「Masterpiece Records」がコラボして販売された「SENS」を入手。
どちらのサークルもこのCDが出た2003年頃に活動中止している気がするくらいには古い。
どちらも豪華なメンバーが揃っているがCDは希少価値が高く、同人通販で調べても名前すら出てこないのばかりだった。

他では見ないような人も参加したりしてるので、折角だからレビューしてみる。

続きを読む

BM98 THE BESTのtwitter反応 3

とうとうツイートのない曲が現れる。
twitterが10年くらい前からなので、10年後も語り継がれる曲を出すのは難しい。

続きを読む

BM98 THE BESTのtwitter反応 2

段々マイナー気味の少数ツイートの曲も増えてきて話すネタが出てこないのもある。

続きを読む

一言BMSまとめ 13

【D.N.A / ”The theme of juno & une”】
伝説のギターBMSユニットのオリジナルデビュー作。
綺麗なピアノやシンセを用いて格好良さと上品さを兼ね備える。
BGAは白黒の2色で線状ポリゴンが印象的。

【Ten-Ziq / MILK】
弾くようなシンセが特徴的なゴアトランス。
BGAはインディアンでヌルヌル動くがどこかチープ。

【Fancy Phunky Madness / 加賀崎聡 ( add image : 壱モツ ) 】
フットペダル(2P皿を足用に割り当てた)BMSイベントに出された洒落た曲。
差分が中心のイベントだったがこの曲はオリジナル。
踊るウサギのBGAがシュールだがスタイリッシュ。

【vampire queen / Acid tune】
氏の中でも最初期にあたるテクノ。
硬派なドラムパートの後から綺麗なシンセが現れる。
BGAはいつもと違い実写素材もある。

【Ruriko REBIRTH / #268】
BMSではそこそこある瑠璃子のトランスアレンジ。
飛翔感があり、中盤に無音地帯が存在する。

【Optical Illusion(Optical genocide) / sinbee remixed by SUZUKI】
sinbee氏の原曲からドラムとかを肉付けしたアレンジ。
メイン部分の音質は原曲そのままで変わっていない。
12ビートの曲を16ビートに変えている。

【elf / MILK】
トランス感の強いハウス。
バッキングやブラスヒットがハウスっぽい。
メロディの音はあまり目立たない。

【B-X-O(original mix) / Nacky】
いつもより綺麗な音使いのムンベ。
コーラスやメインシンセが響くがベースも強い。
ボイスだけはいつも通りな雰囲気。

【Juggernaut / Quattro】
Beatrixよりも激しさがパワーアップしたスピードコア。
裏の肉付けもされていて、無骨さは減った。
30足らずの素材で疾走感あるBGAを作り上げている。

【灼熱のサンタクロース / myu】
ピコピコした所のあるユーロビート。
いつもの作風と違いハイテンポな曲調をしている。

BM98 THE BESTのtwitter反応 1

BM98 THE BESTの曲をtwitterで語られているのか調べてみた。
ちなみに、難易度表に入ってる曲は語られているのは当たり前なので特に触れない。

タイトルだけで見つかるくらい独立した名前なら探しやすいが、そう都合のいい曲はあまりない。
ワードにbmsを付け足すと見つけやすいが抜けも増える。
「D」のようなどうしようもないタイトルの場合はもう作者で調べるしかない。

続きを読む

古い曲の差分を作る時に

BMSC→BMSE→iBMSCと譜面作成ソフトも世代交代しているが、自分は未だにBMSEユーザー。
BMSEだとどうしてもズレる昔のBMS(10分間隔で配置されているとBMSEではズレる)とかだとiBMSCを使ってる。

BMSCが主流の時代は軽量化が大事な時代で、音やBGAだけでなく譜面ですら容量節約に努めていた。
そんな時代のBMSCの節約機能としてBGMレーンの幅寄せがある。
なので、L9やCynicなどを覗けば分かるが、可能な限りBGMレーンを1列に収めることで軽量化している。
ズレまくりのUnder The Sunshineだともの凄く見づらい。

そういうBMSの差分を作る場合は、列だけみて音が判別できずドラッグで一括して動かせないので手間が掛かる。
そこで自分は一旦全ての音を分けて差分製作用の0ノーツ差分を作ってから譜面を作る。
BMSEの一括選択機能で、関連している音毎に右から揃えていく。
揃えたい列を選択領域から外し一列ずつズラして選択を繰り返すことで、見落としを防ぐことができる。
昔のBMSの音数ならBMSEの32レーンで十分振り分けは可能である。
また、譜面を作る時の為に、よく使う音は左側、BGMなどの使わない音は右端に寄せると作りやすいかと。

そもそもこれくらい古い差分を作る人自体が少ないと思うが一応自己流の準備法を書いてみた。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR