BMS紹介「BLAZING BEAT」



BLAZING BEAT / AKITO (2002)

入手先→onedrive

レビューを渋るような曲は纏めて簡潔に記事にしようかと思ってる。
溜めるだけ溜めて消化しないのでは駄目だ。



生音系で落ち着いた曲に定評のあるAKITO氏のユーロビート。
程々に勢いがあり、少し癖のある音色と哀愁あるサビが特徴。
後により勢いを追究した「」も公開しているが、二作とも早い内に公開を終了した。

珍しくアナザーよりハイパーを難しくしている。混フレがなかなか押しづらい。
この頃はアナザー譜面が出たばかりなのもあるかと。

AKITO氏はこういう勢いある曲を作っても、なんだかんだで地に足がついた感じがする。
やっぱり氏は程よいテンポ曲が合ってるのだと思う。


この曲は後にAQUA & REONAによって「BLAZING BEAT / midnight shuffle」が公開される。
BMSでは珍しいハイテンポでオシャレなジャズ。「黒猫円舞曲」のようなスウィングな曲はあまりない。

どんどん音が増えて盛り上がっていく。展開も多くて聴き応え抜群。
アレンジBMSとしてとても完成度が高いと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR