FLASHの思い出 1

懐古に浸っていたらFLASHに行き着いたので、色々見ていた。
FLASHの出会いはPCの授業の自由時間で男子が「小小系列2」をやっていたのが初。
その後、自分でググって色々なFLASHを見ていった感じ。

しかし、自分がFLASHに染まり始めたのは2005年くらいで、もう全盛期は過ぎていた。
もうYoutubeも出てきていたし、動画時代に代わっていく狭間の頃だと思う。

小小を調べて最初に見つけたのは一番有名な3だったのだが、再生の仕方が分からずしばらく中身は観れなかった。
そして、小小系まとめを探していき、最終的にはおもしろフラッシュ総合サイトが自分のFLASH観賞の中心になった。

一番最後になったのが唯一FLASHではない1。流血や欠損となかなかグロい。
あと、この人の作品は棒人間のサイズが途中で小さくなっていく。一番出だしのサイズが大きい2が分かりやすい。
4はFPSなのだが、自分は得意でなかったので苦戦した。クリアするまでに時間が掛かった。
7,8は長編だけど未完。ある意味オチがついていたとも言えるが。

そして問題の9。アクションゲーム(ファイナルファイト系?)なのだが、滅茶苦茶難しくてFLASHにハマってた頃はクリアできなかった。
近日、満を持してプレイしてみたのだが、戦い方が分かってきたので全クリできた。
しかし、ワンパターンになってしまう上にボスの体力が異常に高い。眠くなるほど同じ戦法を繰り返していた。
特にムービーがある訳でもないので、そこまでやり込む必要もないと思う。

小小系と言えば他者による派生作品である。
有名所は他者が続編に挑戦した小小系列10。こちらも未完。
3D表現の多いムービーだが、全体的に動きは固い。

総合サイトにある小小系コースというのも派生だと思われる。
途中からストーリーが出てきて、英語が分からなくても大体の流れは分かる。全9回。
躍動感のある動きが多いが、ストーリー後半からはなんとか強引に終わらせたような感じがする。

その後は、棒人間が制作者と戦ったり棒人間自体に個性が生まれたりするが、自分は小小系列が一番好き。


また何かあれば語る予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR