FLASHの思い出 2

10年前、スマブラのFLASHゲームがあると少し話題になってたので遊んだことがある。
正式名称はSuper Smash Flashで、2006年8月公開。同人故の幅広いキャスティングが見所。

しかし、感想としてはいかにもFLASHゲームって感じだった記憶。
色々とハチャメチャでガバガバなシステムなので、本家とは別物に近い。
最近exe版を落として隠し要素を全て解禁させるまで裏技使いつつプレイはしたが、観戦ぐらいでいいかなと思った。

だが、どうやら続編が翌年に公開されていたらしい。
Super Smash Flash 2はシステムをかなり本家に寄せてクオリティが格段に上がった。
前作との関係性は無いに等しく、キャラやステージは引き継がれていない。
もはやFLASHとは思えないほどのクオリティで、クローンゲームに近い存在になっている。

キャラも全キャラドットで統一感があり、ディズニーやジャンプのキャラもいる(前作にもジャンプキャラはいた)。
オンライン対戦もできるようで、大会も行われるらしい。
現在も開発が行われていて、今年で10周年にもなるとても息の長いゲームである。
そこまで詰め込まれたからには容量の凄まじく、FLASHなのにDL版は500MBもある。ブラウザ版はもっと重い。


スマブラのクローンゲームは他にもあるようで、Super Smash Bros Crusadeというものもある。
こちらは2010年から公開されて、現在も開発が続いている。
FLASHよりクオリティは高くないが、その分軽くてキャラも多い。
そして、最後の切り札が新しく差し替えられてるキャラがいる(カービィがクラッシュだったりドンキーがランビに乗ったり)。
それがいい方向に向かっているかはともかく、最新版では切り札が一時削除されているFLASHにはない長所となる。

FLASHしかプレイしたことがないのであまり比較できないが、FLASHのAIにはまだ改善の余地がある様子。
たまに立ち止まったり引っかかることもあるので、観戦で勝負がつかなくなることもある。
SSBCは動画を観た限りだと切り札の頻度が妙に高い。スマッシュボールがあるかは分からないが、20秒に1回は使ってる気がする。

どちらも一長一短で、どちらを選ぶかは好みと言えるが本家を超えることはないと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR