FC2ブログ

BMS紹介「PLASMASPHERE」




PLASMASPHERE (2000)
Plasmasphere Jazz Edit / aym (2001)
DL先→HP(count/dlcounter/dlcounter.cgi?をUPLから削除する必要あり)



黎明期のBMS作家aym氏のサイケトランスとそのジャズアレンジ。
aym氏と言えばハウスやジャズなど、オシャレで渋い曲がメインなのだが今作はシンセメインのサイケデリック。
STASTA氏の同曲とは無関係。

サイケと言っても当時のゴア系トランスが多かった時代なので、そこまでトランスの曲調としては珍しいものでもないと思う。
ゴアなトランスから宇宙系なトランスに変わってきたのは2000年頃なので、時代の転換期に立つトランスとも言える。
シンセ曲はテクノである「Banana Problem」「BrownWater」以来の2曲目だが、初挑戦であるトランスでも十分な安定感を持っている。

YoutubeにFullが上がっているが、BMSの制約上できなかったエフェクトをふんだんに加えてサイケトランスらしくなった。
ただ、Fullぐらいサイケ色が強くなるとBGAもCG系の方が合ってくるような気がした。

このBMSの目玉はBGAにもある。
BGA担当は「out of time」のTom氏。コミカルで個性のあるBGAに定評があったとか。
いろんなキャラが動き回る見応えのあるBGAで、クラスタ時代の手描き系BGA作家だとHAIJI氏にも対抗できるのではと思う。
残念なのは、現在Tom氏のBGAが見られるのはこの曲と「out of time」しかない。
Tom氏は沢山のBMSを作っていたようだが、どの曲も入手困難な状況である。

そんなトランスをaym氏お得意のジャズアレンジしたのが「Plasmasphere Jazz Edit」である。
かなり大胆なアレンジをしていて、原形がほとんど残っていない。BGAも実写系のかなり渋いものとなっている。
聞き比べてもなかなか原曲要素を見つけるのが大変なくらいにはぶち壊している。

アレンジ曲は他にも、Nacky氏の「BEATGIRL」のアレンジBMSも出しているが、原曲がオケヒの激しいレイヴなのに対して中盤のテクノパートを拾ってトランス風テクノにアレンジしている。
「PLASMASPHERE」程大きなジャンル変化ではないので、そこまで原曲崩壊は起こしていない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サラダ油

Author:サラダ油
BMS中心にゲームとか音楽とかやったり聴いたり

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR