BOFUに疎い

ここのブログを見てるなら察しは付くと思うが、自分は最新BMS事情には疎い。
イベントの把握自体はしてるけど覗くことは少ない。
BOFを見ていたのも2014までだが、現役の頃も開催中に積極的に遊んでいた訳でもない。

最新BMS事情に疎い理由は
 ・EDM等の現在の流行りのジャンルがハマらなかった
 ・現役の頃の実力者が界隈を去って行って知らない人が増えた
 ・単純に曲数が多すぎて面倒くさい
等の理由が挙げられる。

現在の流行りはEDMのようなシンセの性能を活かしたエフェクト増し増しな音作りがメインな気がする。
BMS界では2010年代からのダブステブームからその流れが始まってる印象である。
自分は根本的にその音使いにハマることができなかったので、流行にも乗れなかった。
なので、最近のBMS以外の音ゲー曲にもあまり興味を持っていない。

BMS作家の世代交代はもう自然の流れなので仕方ない。
でも、公募とかで収録された曲よりBMS時代の曲の方が好きなことが多いのは何故かよく分からない。

BOFの膨大な曲数は以前から問題提起されていたと思う。
一大イベントで人が集まるので、一気に大量のBMSが投稿されて追い切れなくなる。
ノンジャンルがもっと大きなイベントになれば変わったかもしれないがうまくいかなかった。


色々語ったけど簡単に言うと「懐古厨」に尽きると思う。
とは言っても自分はBMSを始めて6年で、BOF以前は大分昔だが。
今もBOF以前の曲を集めてるし動画にまとめてる。隠れた名曲の発掘に躍起になっている。

全然SNSみたいな交流を交わしてないのでよく分からないが、自分の活動で昔のBMSに触れる人が増えているのか気になっている。
特に貢献してなくてもレビュー記事は書き続けるけど、増えてそうならモチベが上がる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR