FC2ブログ

GIFアニメの思い出

今から10年くらい前はGIFアニメのHPを運営していた。
当時は若かった故に色々なサイトに回ったりして掲示板で交流をしたり大会に参加したりした。
GIFアニメの全盛期は過ぎていたけど、まだまだ活気はあった。
今では「動くメモ帳」だろうか。GIFアニメ文化自体は廃れてはいないっぽい。




GIFアニメとの出会いは21世紀初頭くらい。
親が「活動漫画館」のサイトを見つけて、それを見て凄いクオリティに興奮した。
その後、いつの間にか家のPCにあった「正義のヒーロー ピカプー」のGIFアニメを見て爆笑した。

ピカプーは今のGIFアニメ文化の先駆者とも言えるらしい。
活動漫画館の人もピカプーの作者からGIFの指導を受けたとか。

その後、自分でネットに潜るようになり、かの有名な「壁壊し」と出会う。
映画のような活動漫画館と違う、派手なアクションのパラパラ漫画な絵に凄みと親近感を感じた。
そして、「30人抜き」を見て、その作者のHPでGIFアニメを作るようになった。
ちなみに、ギャラリーはまだ存在していて、抜けはあるが大体見られる。

掲示板のIAを覗いてみると、作品は見られないが懐かしい人達がいて色々と感慨深い。
そして当時の自分の書き込みが恥ずかしい。


何故この頃を振り返ってみたのかと言うと、棒人間アニメ黎明期の活躍者である「きっく」氏がBMS関係者のいる同人CDに名を連ねていたからである。
自分はアニメを作るまできっく氏の作品と出会わなかったのでそこまで思い出深い訳ではないが、彼の作品のファンクラブができていたくらいには人気だった。
名義を「きくお」に変えて音楽関係のサイトになっていたのは知っていたが、こんな所で接点があるとは思わなかった。

彼の曲は聴いていないが、どうやらボカロPになって一定の地位を築くにまで至った様子。
当時に彼のサイトを見たときにトップ絵が微妙にグロテスクなものだったのだが、現在も狂気の感じる作風らしい。
GIFアニメ時代の頃ととても同一人物とは思えない。


昔は結構アニメを作っていたのだが、色々と分かってなかったことも多かった。
今なら技術はそれなりに備わってるけどそこまで作るやる気がない。
もうそこまでド派手の棒人間アクションを作れる歳ではなくなった気がする。
若いからできるジャンルな気がした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サラダ油

Author:サラダ油
BMS中心にゲームとか音楽とかやったり聴いたり

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR