BMS紹介「Tender Lights」



Tender Lights / sinbee (1999)
DL先→IA




暖かめの作風が特徴的なsinbee氏のアンビエント。
ヒーリングミュージックみたいな感じがして、聴いてて癒やされる。
ゆったりテンポな気がするけど、ドラム周りは結構激しい。

BGAは90年代のような雰囲気が随所から漂う。
全体的なフレームレートの低さと素材の感じがそう思わせる。

譜面は難しめの配置で、後半のサビの皿はメロディの音に埋もれていてほとんど聞き取れない。
最後の余韻の音が皿の音だが、サビではほとんど聞こえないと思う。
ちなみに☆2。かなりの詐称である。

sinbee氏の曲はとても好みな方なのだが、容量の都合なのもあってあまり音質が良くない。
特に今作は、メロディ音の途切れが気になってしまうのが残念な所。もう少し音が伸びていれば気にならなかった。
こういう場合にMP3版の配布があったら嬉しいのだが、そういうのはない。
師匠のSUZUKI氏も企画物のCD以外では、BMSでしか曲を聴けなかった気がする。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR