BMS管理支援ツール「BeMusicSeeker」

Ribbit!というサイトでは、難易度表メインの支援ツール「GLAssist」に対応した表を作ったりLR2に関するツールを公開したりしているなかなか凄いサイトです。

その管理人が作った新しいBMS管理支援ツールが「BeMusicSeeker」。現在はまだアルファ版ですが、十分利用可能です。


このツールの大きなポイントは「自分で簡単にオリジナルの難易度表(プレイリスト)フォルダを作れる」「BMSファイルの簡単なインストール」「外部ツールと連携して簡単なBMSファイルの再生」だと思います。

よくBMSを聴いている自分としては、BMSファイルの連続再生ができる所が一番大きいです。毎度フォルダを行き来してuBMplayを開かなくて済むのが嬉しい。
プレイリストを作成すれば、自分の気に入った曲だけ聴けるので、BMSを作業用BGMに使いたい人には特にオススメ。

他にもBMSを構成するファイル(BGM、BGA等)が揃っているかのチェックまでしてくれます。
ただし、奥のフォルダに隔離されてるBMSとかも読み込んでるので注意。


カスタムフォルダは独自の手法で構成されていて、自由度の高いまとめ方ができるようですがその分重たくなってます。
なので、インストール関係は「BeMusicSeeker」、難易度表は「GLAssist」と使い分けるのも手かと。
GLAssistはプレイ関係のデータ管理が突出してますし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR