FC2ブログ

自作の曲変更差分を振り返る 2

先日に言ったとおりに曲変更差分振り返り。
前回以上の数を語るので、曲数はかなり多い。




CALM | on the sequence #2 / 6yen

ムンベの音でTaQテクノのような硬派な感じを目指した。
声ネタもなくピアノも結構目立ってるので、原曲より綺麗な印象がある。


Accidental discharge | Faceless Moon / hammer

ドラム関係が豊富だったので、当時ハマっていたリズム難をふんだんに詰め込んだ曲。
激しいギターは抑えめにして、後半はシリアスな空気で進んでいく。
やりたい放題に配置したのもあって譜面も癖が強くてやりづらい。


J219-EXCITE MIX- | J219 / cranky

もっと勢いを付けてみたいと思って作ったアレンジ。
しかし、強めのドラムが無かったのでそこまで熱くはならなかった。
曲変更とまではいかないので、通常難易度はあまり考えていない。


Falling Ball "Give Me Mix" | Showguts / Ninja Action Team

以前作ったランダムネタ差分のパターンの1つだった差分の尺を伸ばした曲。
後半から一気にビートを変えて変化を付けてみた。
個人的には結構面白い出来になったと思う。


Cyclonic | Cynic / 6yen

音が少ないので色々作りやすいはずが、原曲の二番煎じみたいな曲になった失敗作。
ドリル地帯から先はほとんど同じような展開をしていて、自分でもどうしてこうなったのか覚えていない。


夜祭 | Born / Ninja Action Team

和風なブレイクビーツをテーマに作曲。
何だかんだで結構オーソドックスな仕上がりになった。
この辺りでNAT曲変更差分計画が立ち上がる。


silent wave | am Ende -Wiedersehen- / Psyche

トランス感が増しつつ差分っぽさはない気がする自信作。
後半からの流れは個人的に好み。


 | Wasabi / Ninja Action Team

ジャンルも変わってないし原曲とさほど雰囲気も変わらない曲変更。
ギターが前に出るサビ以降は原曲とそこまで変わってないように感じる。


AMUSEMENTS | Dazzling Neon / ねこみりん

出だしだけ意外性を求めたけど諦めてレイヴになった。
原曲より明るくなった気がするが、サビからはほとんど原曲みたいな感じになった。


EXTRA BEAT | AX / onoken

昔の音切りが大きく振り分けられなかった時代のBMSで挑戦した差分。
BPMも変えて下手にBGM音源を使えない縛りを設けてみた。
おかげで展開がぎこちなく、あまり完成度は高くできなかったと思う。


↑&↓ | cold planet / knot

声ネタが豊富なので、声ネタの構成を複雑にしてみた。
原曲に劣らずのスタイリッシュさを保てたと思う。
最後の締め方が良い感じに出来た。


PULSE GROWING | No Sumoking / Ninja Action Team

トリップホップな原曲をブレイクビーツ風に変えてみる。
あまり凝ったことができなかったせいか印象が薄い気がする。


INDIA MANDARA | Curry / India Action Team

ボーカルBMSで初めての曲変更差分。アップテンポでコアな曲になった。そしてタイトルは適当に語感で考えた。
原曲のBGAも気合いが入っていたので、歌詞以外のパートをなるべく使ってみた。


ELECTECHNOLOGY | Messier 333 / sun3

ハードで強い音が多いので、違う感じのテクノに挑戦。
メインシンセが出てきてからは原曲と雰囲気が似てきている。


醐阿ノ舞 | Goya / Ninja Action Team

NAT曲最後の曲変更差分。これで全曲達成した。
音切りされていない音が多く、あまり大きな展開はできなかった。
Galli Mixの方がクオリティは断然上だと思う。



正直な所ここまで曲変更差分を作るとは思わなかった。
一番曲変更差分を作られているであろうonoken氏の曲でいずれ作ってみたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR