FC2ブログ

同人CD紹介「SENS / Link in Zillion and Masterpiece Records」

同人CD出してるBMS作家は沢山いるが、やはり昔の作家のCDの方が気になる。
古いBMSは容量の関係もあって制約が多く、MP3やCDだと大分違って聞こえるものは多い。

そんな所で、BMS作家達が集まったサークルの「Link in Zillion」「Masterpiece Records」がコラボして販売された「SENS」を入手。
どちらのサークルもこのCDが出た2003年頃に活動中止している気がするくらいには古い。
どちらも豪華なメンバーが揃っているがCDは希少価値が高く、同人通販で調べても名前すら出てこないのばかりだった。

他では見ないような人も参加したりしてるので、折角だからレビューしてみる。



繰り返す日常 / 南 泰宏
綺麗なピアノをメインに展開する神秘的なムンベ。
大きな展開はなく、シンプルに魅せていく雰囲気系。

belzebub / MASAKI
LiZ主催のハードロック。熱い曲がメインの作風な気がする。。
ギターやピアノの乱舞もありつつ、パイプオルガンを使ったクサい展開も備えている。
LiZもOMTぐらい続いて欲しかったが、この人は本当に勿体ないことしたと思う。

wanna be... / tio
今回のアルバムで多分この人だけBMSを作ってない。
渋めの哀愁ハウスで、エレピやサックスが洒落ている。
テキストを見るに、今作は人気の作風とは違う方向で出したらしいが、この曲もクオリティが高い。

Minimal Life / Ear breaker
多分BMSを引退した頃のEB氏によるテクノ。
EB氏はハウス系のダンスポップなイメージだが、今回は作風を広げる為にクールなテクノに挑戦。
音の作り込みは健在で、シンセの音が格好良い。

in the starlight / wolf
マイケルクエストのBGMで有名なwolf氏の熱いユーロビート。
LiZ vs OMTで公開されたBMSのフルバージョンで、イベント後のLiZの顛末的にこちらの方が先か。
サビの盛り上がりがパワーアップされている。

rryam rir ccrlyw / fether
いつものように軽快で楽しげなポップス。タイトルが全く読めない。
前半は16bitっぽい雰囲気だが、ブレイクから音が豪華になってくる。
後半から転調して盛り上げる。

beautiful Lovvve / hirick
J-POP感の強い爽やかなボーカル物。パーカスの木質な音が目立つ。
間奏のギターとブラスの掛け合いが壮大。

revive(inst ver) / しろ
これが目当てで買ったとも言える貴重なしろ氏のCD音源曲。
後期のしろ氏らしいハードなメタルで、ダークな曲調となっている。
いつもよりキャッチーさは控えめだが、サビではしっかりと盛り上げる。

Sentimental Mermaid / MILK
シンセに癖がある爽やかトランス。でもこのシンセで誰だか分かる。
トランスに定評があるが、ここまで明るい曲調のは珍しい。
エフェクトの掛かったシンセが迫るブレイク明けのタメが壮大さを感じさせる。

return to the moment / AQUA
オシャレなパーカスや辺りを飛び回るシンセが特徴的なアンビエント。
てっきりハウス的な曲なのかと思ったら特にメロディもなかった。
BMSでの相方であるREONA氏はMPR代表で

styx / narve
出だしからとても胡散臭い空気出しているゴアトランス。
生音的なパーカスが多いが、メインのシンセは音圧が強くてよく響く。
中盤から綺麗なブレイクが入り浮遊感があるが、ブレイクが終わるとまた怪しげな空気に戻る。

St.alicia / -45
ダークで幻想的なトランス。コーラスが出てきた辺りからいつもの感じが強まる。
メロディのフレーズが少し儀式っぽさがあって少し新鮮。

PAL,36 / cranky
Luvin' Youのリメイク。後に仮バージョンがBMS化された。
熱いギターやインパクトの強いオケヒが特徴的だが、雰囲気だけ残したようなものな感じでそこまで面影はない。
ちなみに、テキストにこの曲をPALに捧げると興奮気味に書いてある。同一人物だが。

風のマフラー / ridis
多分同人デビュー作。ここから名義がguna、makiと変わっていく。
いつものようにダークで神秘的な曲だが、いつもよりドラムがハード。
哀愁も強めで、この頃は似た曲が多かったがこの曲は個性が出ていると思う。

ボーナストラック / DJ 葱 remixed wobnam_orioa with Gun-SEKI
DJ 葱(shammy)氏のクリスマスBMSの系譜の曲。
Gun-SEKI氏がボーカルをしていて、原曲にあったボイスやSEも使われている。
BMSと違ってBGAや歌詞がないので、聞き取れない所も多い。



想像以上に満足度が高く、良曲揃いだった。
特に当たりの曲は「wanna be...」「Minimal Life」「PAL,36」。しろ氏のCD曲を聴けたのも良かった。
結構勧めたいアルバムではあるのだが、希少価値が高くて入手は難しそうである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR