FC2ブログ

一言BMSまとめ 14

【BeatriX / dj KLAVIA】
オケヒを派手に使ったコテコテレイヴ。
ピアノのバッキングが洒落た空気にさせている。
TiS氏はキャッチーな曲を作るのが上手い。

【踊り子,飛行機のプロペラ,海 / Lapis Lazul】
芸術作品をタイトルにした非常に前衛的な曲。
全ての音が適当に散りばめられたような配置をしている。
後半からは力尽きた感が多少ある。

【Forest in June / juno & une】
いつもより洒落っ気の増したジャジーロック。
盛り上がる所はあるが70秒程しかなく短い。
BGAは珍しく青が基調となっている。

【Valparaiso / EarBreaker / DJ Death】
派手なシンセと声ネタを活かしたテクノハウス。
音の作り込みが凄く、当時でも突出したクオリティである。

【prototype D.R.M / ATM】
ATM氏らしい冷たいシンセが光るブレイクビーツ。
ドラムはいつものように激しく暴れている。
ただ、いつもより暖かみのある調で印象も異なる。

【Psyの国さいたま / (σ゚∀゚)σ】
初代戦國にいくつかあったさいたまBMSの1つ。
不気味なサイケの中にシュールな声ネタが響く。
ちなみに中の人はHighnoiz氏。

【PARANOiA EViL / DJ Sapphire】
初期のPARANOiAアレンジBMSの代表格のようなガバ。
色んな音が激しくぶつかり合って騒がしい。
当時では判定の関係であまり見ないBPM200超えの曲でもある。

【英傑 / チェキッ男】
SUZUKI氏によるDDRのHEROのアカペラ。
妙にそれっぽい歌い方でシュール。
サビの時は隣に人がいる状態だったらしい。

【era(ravose MIX) / urara】
チープな音源で再現したシュールなera。
音源もチープだが音数も足りてない。
ちなみにstep mixはない。

【Jumper L.V.B / A/N】
レイヴ感のある第九のハードコアアレンジ。
声ネタも豊富で盛り上がる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR