端から見るBMS差分界隈とか

掘り出し曲探しに難易度表新曲動画とか見ていたら、同じ作者ばかり出てくるなぁと思った。
それは昔から変わらないけど、時代に沿って出てくる名前が変わる。
自分の差分はそもそも難易度表と縁がない。第二は少し入った程度だけど、今になると別にいいかなと思う。

という訳で、ここ最近の界隈に疎い所か逆行しかけている自分が、BMS差分界隈を遠く浅く見つめ直してみようと思います。
大した事言わないし、推測とかも混じったいつもの適当な語りなのであまり真面目に受け取らないように。



自分がプレイヤーから離れる少し前から合作差分が増えてきて、差分作者間での関わりも多くなっている。
最近では差分作者同士でオフ会とかもやるらしい。自分がBMSを始めた5年前には想像つかない。

こういう繋がりが深くなったのはtwitterが台頭してきたからだろうなと。
有名作者は皆twitterやってて、そこで色々話が広がってる。それで気づいたら合作とか大会とかやってる。
そんな中自分は未だ碌にSNSに手を出してない。難易度表管理とかしてた割には全然繋がりを持ってないんだなぁと思った。
でも自分は今のような好きに曲作って差分作って動画作ってレビューしたりする方が性に合ってるようだ。

差分イベントと言えば昔はスコアタがメインだったが、今は差分その物を比べる大会をやってる。
以前も糞塔みたいな糞譜面時代に同じようなイベントをしてたが、今はもっと真面目に競ってるような気がする。
言うなればBOFOONからBOFに趣旨が変わる感じ。

そうやって主に発狂BMSが賑わう中、自分は昔の曲の通常難易度補完や5腱曲の7腱譜面作りをしている。
そしてたまに曲変更差分。プレイ人数とかを察するに知名度含めてもあまり需要が無さそうだが、今でもたまに作る。
低難易度に関しては、初心者は差分の落とし方を知らないだろうし、BOF以前の古い曲をわざわざやらないだろうと思う。


と言うわけで適当な知識で差分界隈とか自分の現状とかいろいろ書き散らかしたけど、ここからは大分愚痴っぽいのでもう満腹の人は戻った方がいいです。



今はどうだか知らないけど、なんとなく内輪でいろんなのが流行ってる気がする。

何故かネットではホモネタがよく飛び交う。本物は1割もいなさそうなのに。
一時は謎のコードみたいな文字と対称顔をよく見た。今でもさっぱり意味分からないし、調べる気もないけどホモネタと関係ありそうな内輪ネタと見ている。

そして昨今流行ってる淫夢。音ゲーでもMADを通して色々なところに風評被害をばらまいてる印象。
BMS界隈自体にはあまり浸透してなさそうだけどBBKKBKKやHE is an Energizerの動画を見ると溜息が出る。
とにかく画面を埋めるまでコメントを乱発するのが今の流行りなのだろうか。
BGAだけの動画は、基本曲単体だと風評被害に遭いやすいから仕方ないとはいえ、譜面動画に湧くのはいただけない。

なにより注意されても開き直る姿勢を取る意味が分からない。元ネタは観たことないが、淫夢厨の印象は最悪に近い。


なんか本当に愚痴でした。すいません。
どうも昔からこの手のノリは受け付けないようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR