BM98をプレイした

久しぶりに更新。言い訳はいつものように忙しかったと。
まぁ動画はたまに上がってたんですが。記事を書く程の余裕はなかったんですね。


ここ最近はより古いBMSへの興味が強くなっていて、ついに究極のBM98リンク集から色々漁り始めました。
コピー系はスクウェアや美少女系はそもそも原曲知らない・興味ないのばかりなので除外しながら捜索。
さすがに究極は伊達じゃないので数も尋常じゃない上にアーカイブも結構残っている(BMSを落とせるとは言っていない)。
J-POPやBEMANI系のコピー物が手に入ると少し嬉しい。

その間に、以前レビューした際に入手困難と言っていた「set free ("Kessen" edit)」のBGA見つかりました
こういう以外な発掘ができるのも嬉しい。


そんな中でMIDIをBGMにしたBMSを拾いまして、uBMplayに対応してなくて聴けない。
DDRやNAZOも対応してなかったのでBM98を使うことにしました。まぁDDRもNAZOも初めて起動したんですが。

なんか凄い時代を感じますね。タイトル画面があるのも何か違和感感じちゃいます。
なんと言っても98の頃なので、色化けしちゃってます。対策はそれなりにしてますが、途中でまた色化けしてしまう。

アサインは初期設定のままでハイスピも特に使ってないので、凄いやりづらい。でも新鮮なプレイ感だった。
ピカグレが無くGOODでゲージは増えないので、結構難易度が高い。環境の差か。


で、当のMIDI対応BMSの音は鳴りましたが、どうも出だしが少し遅れてしまいBGMが終始音ズレ状態になって難易度が上がる。
ここまで来るともう諦め。遅延対策までする気は無い。
BM98限定っぽい上にそこまでMIDI対応BMSはないので、発掘時にそんなに気にすることではなさそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR