BMS紹介「sista)nightTrans」

sista)nightTrans / tarolabo  (2008 experimentation)

入手先→イベント保管

いつものように動画は自主捜索でどうぞ。

bmsjournal.infoが結構早くIA復帰したようで。
代わりにRe-3の鯖にrobots.txtが設置されてRe-Finalが覗けなくなりました。



[morse codokinawa onkaichedelic transpeed corchestranovirby popinsewing]
この曲のジャンル。全く想像のつかない長さ。
ジャンルの合成が新ジャンルと言うのならばというコンセプトの上での参戦。凄い詰め込む。

以下readmeよりジャンルの説明。

trance 全体的に。揚げ物で言う所の…アレですよ。度忘れしました。終盤ぐちゃぐちゃ地帯にも。
bossa nova マリンバとリズム隊と一瞬だけベース。終盤ぐちゃぐちゃ地帯にも。
kirby pop ちょいちょい出てくるスクラッチのペンポン。序盤とブレイク後のパンフルート。ハープは訴えられたら敗訴。
insen Aメロのメインメロディー。終盤ぐちゃぐちゃ略
okinawa onkai 冒頭のシンセとブレイク後微妙に聞こえるピアノとサビ前のシンセ。
speed core フィルイン代わりとでもいうか、フェードインしたりアウトしたりを結構してますが悲しくも目立たない。終盤ぐt略
orchestra ストリングス等。これはちょっとずるいか…トランスと一緒みたいなもんだし…。終略
swing ちょいちょい出てくる三連ピアノ。ブレイク後とかも。s略
psychedelic trance 主にAメロにて目立つぐにゃぐにゃシンセ。サイケデリックだけだと違うジャンルに…なるのか。ならないのか。略
Morse code ちょいちょい出てくるオルガン。サビで舞う。


これでもしっかり曲として完成させるのがtarolabo氏の凄い所。
ブレイクで突然のカービィポップが起こり、壮大なサビへの開放感。そしてごった煮でノイズ。一曲でこの満腹感。
以前紹介した「Act #000000」と同じ空気を感じる曲で、そこからまた進化させた曲とも言える。

BGAも独特の空気を醸す。詩みたいな文があるのもいつも通り。クオリティが高いのも相変わらず。
敢えて言うなら展開の多さ故にキー音が足りない。前半にキー音が詰まってる為、高難易度譜面は難しい。

tarolabo氏はやっぱりこの手の変態・芸術・前衛的な曲が合ってる気がする。
「Machine⊆Reverse-gender Machine⊇Reverse-gender」「巫女」「性的猟奇的無意味」が個人的三大変態曲。
曲も変だが、BGAが他より大分狂っている。巫女は譜面もやばい。

メロディとかに力が入ると「κανων」「Act #000000」のような聴きやすく完成度も上がって聞こえる。
有名所は「地球塔デヴォーション」「妖晶零弐」「路上のギリジン-Shou+rt Mix- 」等なのだが、自分としては上記の変態曲の方を勧めたいと思う。


しかし、「Act #000000」をレビューしてもう半年経ちそうだと言う事態に驚き。
来月にはブログも一周年。時が経つのは早い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR