旧BMS通常段位認定



旧通常段位の動画がなかったので、せっかくだから作った。
現段位は3年以上前なので、今更感がすごい。

初段と四~七段以外はどれもバランスや難易度がおかしかった旧通常段位。
旧発狂段位も六段みたいなおかしなのはあったが、多分通常段位の方がバランスが悪い。

度々名が上がるのはcarnotの二段、Odinの八段、Pure Rubyの九段、Brain Analysisの十段。
九段に関しては間二曲が弱すぎるだけで、難易度自体は妥当だという意見もある。

carnotは☆4の皮を被った☆6相当の譜面で、軸とラストの大階段で唖然としたまま死ぬ。
Odinは☆11の皮を被った★1弱で2000ノーツの超場違い。対称地帯の後の右手殺しで沢山の難民は生み出した。
Brain Analysisは★10という言葉も出ない難易度。長い縦連発狂で発狂三段辺りと肩を並べられる力を持つ。
十段にはQuarkという★4も足切りで存在しており、こいつだけで発狂初段の面子よりレベルを上回る。

発狂段位とリンクした現段位と比較すると、大体の段位は現段位より難しい。
おでん難民は消し去ったが、代わりの面子がまた癖者揃い。
特にniKuとBlack Rainbowはかなり個人差がある。地力ならおでんが圧倒的だが、新たな難民はまた生まれている。

九段は旧段位同様癖はあまりないので、八段を先に抜ける人がいる。
HalcyonとThe island of Albatrossが難しめ。

十段は圧倒的に弱体化。Quarkよりも基本弱いが譜面のバランスは良く、どれも難しい要素はある。
しかし、DESTINYは偏った配置が多くて第二難易度表から弾かれたくらいには評判が悪い。


次に段位が変わるとしたらいつ頃になるか。5年後ならば来年末となる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR